自虐史観と共産主義 1

 自虐史観と共産主義 

 -反日左翼の深層心理-



 1



 日本の戦後レジームの中心となる問題、 「自虐史観」については多くのところで語られ、議論されてきた。なぜ日本は70年以上も経ったのに、戦後に行われたGHQの洗脳に呪縛されているのか-このことが問題にされてきたのである。それには様々な要因が考えられるだろう。日本がこれほど外国に支配された事は、有史以来一度もなかった。全く経験のない占領統治を受けることになった国民は、戦争の過酷な状況の中で疲弊しており、なすがままになるしかなかった。また、アメリカは侵略し、植民地支配をすることにかけてはプロだったのである。日本を占領統治する準備と研究は早くから開始されていた。

 その中で共産主義との関係が近年、きわめて重要視されるようになってきた。それはGHQ内部に隠れ共産主義者、ソ連のスパイが潜り込んでいて、GHQの実質的な占領政策は共産主義の影響を強く受けていたのである。このことと独立に日本には大東亜戦争以前から共産主義が流入し、左翼知識人を中心にかなりの支持を得ていた。また共産党も非合法化され、弾圧を受けながら活動を続けていたのである。つまり日本には、GHQの隠れた共産主義者が非常に活動しやすい条件が既に整っていたのである。

 ここでアメリカと日本の内部にある二つの勢力が互いにパラレルになっていて、戦争の終結とともに強い相互作用をしたと考えることができる。つまり、アメリカ内部の保守勢力と社会主義、共産主義勢力、日本内部の保守勢力と社会主義、共産主義勢力である。アメリカは日本の保守勢力を弱体化し、二度と立ち上がれないように解体させようとしたが、アメリカの隠れ共産主義勢力がその機に乗じて日本の共産主義勢力を大きく拡張させてしまったことにすぐには気づかなかった。アメリカ自身も共産主義に相当程度、侵食されていたのである。



 2



 日本はGHQの洗脳統治、WGIPによって徹底的に自虐史観を植え付けられてきた。しかし、これほどまでに長い間、国全体が自虐的になることに違和感を持たないだろうか。一般的にそれはかなり考えにくいように思われる。世界史的に見渡しても、戦争に負けた国は無数に存在し、そのたびに抑圧的な政策を押し付けられてきただろう。それでも被抑圧民族、国民が心の底から自虐的になることはほとんどない。その政策を受け入れざるを得なかったとしても、心の中では抵抗しているはずである。日本の状況はかなり例外的だといえるかもしれない。それは日本人の民族性とも関係しているだろう。

 しかし、自虐的であり続ける事は強いストレスであり、精神的な破綻をきたしかねない。事実、心理カウンセラーがうつ病の原因を探っていくと、WGIPに行き着くことがあるのだという。日本には外国人勢力がかなり流入しており、その民族性から日本に対して攻撃的になる場合がある。いわゆる反日在日朝鮮人である。彼らは通名を使って日本人になりすまし、自虐史観の継続、強化を進めている。これは日本人としてのアイデンティティーを持っていないので、自虐史観はむしろ歓迎するものなのである。その是非は別として、これは理解できるところである。ところが、日本人でありながら、自虐史観を積極的に維持し、強化していき、それが自己にとってマイナスの作用を及ぼさない。精神的な破綻をきたすどころか、かえってそれが強化される-このような人間が存在するのである。それがすなわち「反日左翼」と呼ばれている人たちである。

 しかし、左翼であることが自国に対して敵対的であるのは全く自明のことではない。他の国では左翼であっても愛国心を持ち、自国に誇りを持っている。デモの風景を比較するとそれがよくわかる。日本の場合は保守系のデモは日の丸が多く掲げられてあるが、左翼のデモは国旗が1本もない。それに対して他国では保守、左翼とも自国の国旗は掲げられてある。左翼であることが自国に対して敵対的であり、その弱体化や解体、最終的には破壊を目指すのは日本の特徴ではないだろうか。

 この反日左翼がなぜ存在するのかという疑問を考察するのがこの小論の目的である。すでに論じられた「戦後レジームと日本の三重苦」と重複するところもあるが、反日左翼の問題に絞り込み、理解することの難しい(一般常識からはそのようにみなされていると思うが・・・ )その心理を追求してみたい。



 3



 まず、私見では日本と日本以外の左翼の違いは、その民族的、歴史的、地理的な要因から根本的なものがあるように思われる。日本以外では、社会での階級差が大きく、抑圧者と被抑圧者の対立が鋭くなる傾向がある。これはもちろん相対的なものだが、日本ではこの傾向は緩やかなものである。これは古来の天皇を中心とした家族的な国家形成が、西洋でいうところの共産制的な社会を生み出してきた。現在、我々があまりそのように感じないのは、まさにGHQの歴史歪曲に他ならない。天皇を尊敬するような歴史記述をしてはならない、という歴史教科書への圧力があったのである。また日教組を始めとする教育界は、反日左翼に牛耳られており、天皇、皇室が不要なものであるかのごとく扱われている。 (この日教組もGHQが作ったものである)大東亜戦争(太平洋戦争)以前の社会を意図的に暗く、悪く教える事が常態化している。例えば江戸時代の身分制度も、いわれているほど厳しいものではなかったようである。

 つまり、日本以外の西洋などでは、その階級差から来る不平等を是正しようという動きが強く生じる。そこからマルクス主義などの共産主義思想が生まれてきたのである。その前提となる社会状況が、西洋と日本ではすでに異なっている。これはどういうことかというと、西洋が社会主義、共産主義思想などでめざした社会状況は日本ではある程度達成されており、日本における保守とはすでにこの達成された状況を守ることなのである。これが戦後、保守政党である自民党が西洋における社会民主主義的な政策を実行できた理由ではないだろうか。

 そうなると、左翼が社会民主主義的なレベルで止まってしまうと、左翼としての存在意義を見出せないことになるだろう。その存在意義を得るためには、さらに先に進まなければならない。それは当然、唯物史観における共産主義社会である。さらに徹底した無階級社会を目指すことこそ、日本における左翼の存在意義である。

 そこには左翼が常套手段として用いる歪曲や偏向が保守的状況に対して用いられるが、戦後のGHQ統治はまさにこの左翼の要請と完全に一致しているのである。自虐史観が日本国民に徹底的に刷り込まれると、その状況を維持し、強化していく方向こそ共産主義社会に至る道筋である。つまり、このいったんもたらされた状況を逆方向に向ける事は、左翼の存立そのものを完全に否定することにつながる。日本の伝統、保守的状況を徹底的に攻撃し続けなければ、自己充足性の高い日本の社会に革命的状況など絶対に到来する事はない。これが共産党のみならず、旧社会党においても決して社会民主主義的勢力が力を持ち得なかった理由である。

 このことも教育界やマスコミが全く言ってこなかったことであるが、日本は世界最古の歴史を持っている。その国家形成は、1人の絶対的な王や皇帝などによる武力による統一ではなく、もっと自然発生的なものである。天皇は決してそのような絶対的君主として君臨していた訳ではない。その精神的な統一性は、同一民族の閉じられた島国である-大東亜戦争以前には決して他国の侵略を受けたことがない、あるいは許さなかった-ことから強固なものがある。国家と民族的精神性は強固に結びついている。それは西洋における代表的な民族、ユダヤ人を例にとれば民族的同一性を強く維持していても、住む地域は実に流動的であった。また支那大陸においては、同一地域における異民族の興亡が絶え間なく繰り返されてきた。これらのことと実に大きな対照をなしている。反日左翼とはこの国家-精神的統一体に対する共産主義という全く異質の宗教による攻撃なのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック