戦後レジームの雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成もあとわずか−元号と西暦の併用を考える

<<   作成日時 : 2019/04/20 12:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


体調不良だったことと家の用事が重なってブログはしばらく休止していた。体調不良といっても、元来、持病を持っているのでいつもの事なのであるが、特に疲れが重なっていたようだ。これからもあまり頻繁に更新できそうもないが、気ままにやっていこうと思っている。

平成もあとわずかで終わりである。元号が変わるということで、また何やら反日勢力が物申しているようだ。 「令和」の令が命令を意味しているとか、西暦と元号を併用するのは面倒だ−西暦のみに絞るべきだ、というような意見が多い。この反日勢力と「元号と西暦の併用」という事を少し考えてみたい。この反日勢力のほとんどが反日左翼あるいは特定外国人勢力である。反日左翼というのはそのほとんどが共産主義、共産主義者といってもよいのである。これは共産党だけでなく、それ以外の多くの隠れ共産主義者がいる。彼らは既存の宗教を否定しているわけであるが、自らが新しい宗教を生み出しているに過ぎないということ考えないか、無視している。

元号は天皇の代替わりによって変わるわけであるが、(江戸時代などはそれ以外の理由によっても変わっていたようであるが)当然、これは神道という日本固有の宗教に深く根ざしている。この日本神道を反日左翼は否定したいわけであるが、暦を西暦のみにするとしたときに、その西暦が宗教性のない中立的なグローバルスタンダードとしての暦だと思っているのだろうか。誰もが知っているように西暦とはイエス・キリストの生誕の年を基準にしている。(実際には少し違っているようであるが)−日本と英語圏では西暦を表記するときに紀元前をBCとしている。紀元前500年はBC 500である。 BCとはBefore Christの略でキリスト以前という意味である。それでは紀元はどう表記されるかというとその反対、After ChristすなわちACになるはずであるが、そうではなくADと表記される。このADというのはラテン語でAnno Dominiの略である。今年はAD 2019ということになる。辞書で調べるとAnno Dominiは「主の年」という意味である。

このことについて昔読んだある本のことを思い出す。Anno Dominiはイエス・キリストによる支配という意味であり、この西暦を使うこと自体において、キリスト教の支配下にあるということを意味するのだという。これはある意味当たり前のことである。暦というのはその特定の文化や民族、国において強く宗教や政治に結びつき、天文学や農耕に活かすという意味で、それぞれ固有のものである。そうなるとある特定の暦をグローバルスタンダードのものとして世界全体の基準に使うということは、恐ろしく不公平なものになることは避けられない。西暦はキリスト教の暦であり、キリスト教という固有の宗教に根ざしている。キリスト教の骨格にあるものは未来に到来する最後の審判である。すなわち西暦とは最後の審判に向かうカウントダウンなのだという。

だから、西暦の区切りの年、特に1,000年紀において最後の審判が来るのではないか、ということがキリスト教徒の間では大問題になったのである。西暦999年では最後の審判が下され、主に選ばれなかったものは永遠に滅ぼされる−この怖れからパニックが起こったのだという。それから1,000年後の西暦1999年に何が起こったかというと、さすがに科学が発達した現在では最後の審判が来るというキリスト教徒の騒ぎは起きなかったが、そのかわり例の大予言騒ぎが起こったのである。これも最後の審判の別の形の現れだともいえるだろう。既存の宗教を否定する共産主義者が西暦のみにするといってもキリスト教に依拠することになり、矛盾したことにならないだろうか。まぁ、そんな事は考えていないだろうし、とりあえず元号を否定したいのだろう。

日本は戦争に負けることにより、それまでの紀元である皇紀が西暦に変えられてしまったが、元号は残されることになった。日本固有の歴史、伝統、文化を表すものとしてこれは極めて重要なものであろう。キリスト教を受け入れなかった日本にしてみれば、西暦のみになるのは考えられないことであったのではないか。たしかに世界的なグローバルスタンダードとしての西暦を使わないことは非現実的なことになっている。しかし、元号を残し併用することは、面倒な面があるにしてもそれ以上に極めて理にかなったことであると思うのである。歴史的に見れば、西洋からの侵略、共産主義からの攻撃という文化的攻防戦が現在でも続いているのである。日本人の9割近くが元号と西暦の併用を支持している、というのは賢明な判断をしていると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成もあとわずか−元号と西暦の併用を考える 戦後レジームの雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる