2020年への想い


 新年あけましておめでとうございます。
 今年もさらに、マスメディア、共産主義、特亜勢力といった反日勢力に対する批判を強めていきたいと思います。
 それとともに戦後レジームを相対化するために、本来の日本とはどのようなものであったのか、自分なりに考えていこうと思います。
 大東亜戦争のような大きな戦争に負けたという結果は、かくも 長期にわたる影響を及ぼしていると痛感せざるを得ない、とこのように考えてきたわけですが、影響を及ぼすなどといった次元の問題ではないことが、ますます明らかになってきました。
 日本人がこの日本列島に住み始めてから2万年以上は経っているでしょう。その中で巨大な自然災害といった大きな危機があったと思いますが、現在の危機は全く違った国際関係による文明、文化としての危機だといえるでしょう。そもそも、それを自覚させないことが戦後レジームだといえるでしょう。
 例えば共産主義、共産党がこれほど残存している先進国は日本しかありません。これがどれほど異常なことであるか、ほとんどの日本人は認識できないのです。ブログでは共産主義理解のわかりやすいあり方を模索したいと思います。
 本年もよろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヘイジ
2020年01月06日 10:47
新年あけましておめでとうございます。

お名前を間違えて平気で投稿したボケのヘイジです。

イオンのバベルさんがおっしゃる通り

それを自覚させないこと

が最も恐ろしいですね。

今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m
イオンのバベル
2020年01月06日 14:02

 マスメディアの韓国に対する報道もひどいものですが、特に中国に対するマイナスの報道は全く消えてしまっているように思います。 10年前ははるかに報道していたでしょう。尖閣も日本人拘束も以前よりひどくなっています。間接侵略はどんどん進んでいるように思います。ある調査では中国に対するイメージは依然として悪いもののじりじりと上昇しているらしいですね。これはおそらく、マスメディアが全く中国に対するマイナスの報道をしなくなったからだと思っています。インターネットの情報に触れない人は良くなっているように勘違いしているのではないでしょうか。恐ろしい事態です。

 今年もよろしくお願いします。
2020年01月06日 18:14
 お目出度うございます

 きな臭くなって来ました。大きく世界が揺れているのに、左翼政党の悪意ある怠慢の所為で日本はメリハリのある政治が出来ていません。
 ネットがあるから知見は増えていきますがその広がりはマスコミに較べればまだ不足。でも少しずつ増えていきますように。
 現状への問題意識共感します。いろんな意見がある事の有り難さ。
 今年も拝読させて頂きます。
 
イオンのバベル
2020年01月07日 16:59
 ひろびろさんへ

 本当に中東は危険な状態になってきましたね。中東への石油依存を考えると原発の再稼働は早くなされなければならないと思うのですが。
 ネットの情報の拡散も、知っている人は知っているがそうでない人はなかなか難しいように思います。少しでも興味を持たれ、記事が読まれるようにするにはどうしたらよいかと思うのです。私のブログの場合、どうも論文調の堅いタイトルや内容はあまり読まれないようです。それに対し不思議なことに「日常生活に食い込む公安監視対象ー共産党」はかなりアクセス数が多く、それも現在まで継続的に読まれているのです。やはりこれは身近であることと、マスメディアによくあるような不安を抱かせるようなタイトルだからなのかな、と思うのですが、長くやっていらっしゃるひろびろさんからするとどのような見解になるのか。よろしければ意見をお聞かせください。
 今年もよろしくお願いします。