緊急事態宣言が出てから

 緊急事態宣言が出てから3週間が過ぎ、かなりストレスが溜まってきているように感じられる。私はよくいわれる基礎疾患のある者に入るので、普通よりもさらに神経を使っている。

 その中で女優の岡江久美子さんが中共ウイルスで亡くなったのは相当なショックである。(ご冥福をお祈りいたします) 多くの人が言っていることであるが、以前の元気だったイメージが強いので、どうしてという感じではないだろうか。どうも、最近になって癌を患っていたようで闘病生活が長かったようである。基礎疾患のある人のうちに入るわけであるが、そのぶんかなり気をつけていたとのことである。外出もあまりしなかったらしいのだが、3月のお彼岸にお墓参りに行ったことが、罹患する原因になったのではないかとも言われている。たったそれだけで感染してしまうとは、、、本当のところはわからないだろうが、大変なことである。

 最近は気力が湧かなくて、次の記事の考えがなかなかまとまらない。不定期のこのブログにも、たまにアクセスしてくれる人がいるので更新できないのは申し訳ないが、次の記事はしばらく先になることをお断りしておきたい。 一刻も早く中共ウイルスがおさまって欲しいものである。ただ、一旦おさまったとしても、以前の社会には戻れないのは明らかである。スペイン風邪も第二波、第三波と後の方がひどくなっている。現在の医学や対策の進歩は同じことを繰り返さないとは思うが油断は禁物である。

"緊急事態宣言が出てから" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント